歴代の猫八

初代 江戸家猫八
1868年〜1932年

曽祖父

歌舞伎役者、飴売りを経て

明治30年代に寄席演芸の世界へ

五厘・春風亭大与枝の口利き

毒舌芸で人気を博す



二代目 江戸家猫八
1911年〜1986年

血縁なし

五厘、春風亭大与枝の息子

初代猫八の弟子、小猫八

1950年に猫八を三代目に譲る

木下華声の名前で活動



三代目 江戸家猫八
1921年〜2001年

祖父

話芸を中心とした芸風

役者としても活躍

お笑い三人組、鬼平犯科帳など

映画やテレビにも多数出演



四代目 江戸家猫八
1949年〜2016年

野鳥の鳴き声を中心に

新たな芸風を築く

音楽とのコラボレーションや

環境教育にも取り組む