襲名について

落語協会から発表がありましたとおり、

来年の三月下席をふりだしに

五代目の猫八を襲名することになりました。

 

発表後にたくさんのメッセージをいただき、

皆さまのお気持ちに感謝するとともに、

江戸家猫八という名前の大きさを

あらためて強く強く感じている今です。

 

一方、猫八といえば祖父。小猫といえば父。

今の小猫を知らない人も多いです。

江戸家を知らない世代も増えています。

この事実もしっかりと受け止めております。

 

まだ早いというお声があっても当然ですが、

長く猫八の名跡を背負わなければ、

自分の名前に出来ないとも感じてます。

選んだ道を正しい道に。精進いたします。

 

とにかく皆さまの応援があってこその芸。

これからも高座を大切にしながら、

芸は人なり。しっかりと「人」を磨きます。

 

今後のことは落語協会とも相談をしながら、

ひとつひとつ決めていく予定です。

進捗は公式サイトでもお知らせしますし、

不明な点はお問い合わせしてください。

 

長い文章になりました。

今後とも応援をよろしくお願いいたします。

 

 

江戸家小猫